講演会・セミナーのご案内

NPO法人日本予防医学未病研究会では、福祉施設の指導員さん、支援員さん、介護職員さん、保育士さん、看護師さんを対象とした、無痛ゆらし療法のリハビリテーション講座を行っています。

 

100回の注意より、一回のやさしいボディタッチ。
障害を持つ子も、自分では伝えられないだけで「痛み」を抱えている。

我々の持つ「筋肉の緊張を解消する」技術で、障害を持つ方の手助けをしたい!
この活動を始めたのは、純粋にそんな気持ちからでした。
しかし、見学した施設で実際の現場は、手助けしたい程度の気持ちで何とかなるほど甘くないことを知りました。

動き続けたり、腹を立てて頭をぶつけたりする入所者さん、それをなんとか押さえるスタッフの皆さん、正直、始めて見た時はどうなることかと…
でも、私が触ると入所者さんは、周りの方が驚くほど落ち着いて、気持ちよさそうにしてくれました。

 

純粋な魂はやさしく触られるのが大好き

障害を持つ方の心は純粋だと言われています。
優しく触ると警戒心が解かれ、身体の緊張も解いてくれます。

まるでお母さんにやさしくなでられている様な、そんな感覚を瞬時に読み取り、身体を預けてくれる様になります。

 

首・肩の筋肉が固くなるとイライラする!?

「衝動的な行動、自傷行為、イライラ」の原因は、先天的な問題だけでなく、筋肉の緊張、特に首や肩の緊張が関係しています。

首や肩の緊張を正しい方法で正確に取ることで、障害を持つ方の心に、落ち着きを取り戻す効果があります。

 

新しい身体のケア方法を覚えてみませんか?

障害者の方達は一般的に表現が苦手です。

痛みや違和感を感じているのに、それを伝えられない可能性も…
身体の緊張を解消する事で、入所者さんが健やかに過ごす事が出来れば、保護者、職員さん、私達にとってもこれほど嬉しい事はありません。
私達のやさしいボディタッチを体験し、その後の入所者さんのケア方法を覚えてみませんか?

講演会・セミナー内容

●やさしく触るってこんなに大事なこと!身体へのアプローチが心に影響する基礎知識   
●生理反応を利用した身体の緊張の取り方
●周りの人も気付いていない入所者さんの身体の不調の解消法
●衝動的な行動、自傷行為、イライラなどの緩和
●自分の身体をケアしよう!職員さん向け、自己療法体操

心と身体の反応を分かりやすく解説した講義は、介護をされている方に必見の内容です。

無痛ゆらし療法は優しい施術で、揉み返しや悪化の副作用トラブルがなく、心を開く療法として注目されています。

すぐに実践で使える、効果的な手技として好評を頂いております。

 

講演会・セミナー依頼、費用など、詳しいお問い合わせはこちらまで。
恵比寿療法院やすらぎ TEL:03-3463-1516  e-mail:info@pst-a.com